歯科用CTについて

より良い診断のために

林歯科医院では、最高水準の治療、正確な診断を行うために、最新鋭の歯科用CTスキャンを導入しています。

従来のレントゲン画像は、二次元の平面像でしたが、歯科用CTでは、三次元の立体画像で撮影することが可能です。インプラント治療に必要不可欠なのは言うまでもありませんが歯周病の進行状態や根の先に膿が貯まっている場合の病巣の広がり具合、歯の根の形、骨の状態など、お口の中をより細部まで、正確に診断することができます。

つまり歯科用CTでは、従来のレントゲンでは写らなかったものがみえる。従来のレントゲンで分からなかったものが正確にわかるということです。ですから正確な診断をするうえで大変有効な装置です。

患者様から何らかの訴えがあった場合、あるいは歯科医師が処置が必要と判断した場合などすべてにおいて処置の前には診断と言う行為がなされています。通常、診断は、患者様の訴えや症状、レントゲン写真、視診や触診の結果などを総合的に判断して行っています。そこに従来の2次元のレントゲン画像に加えて3次元のCT画像が加わることによってより正確で適切な診断ができるようになります。より正確な診断ができればその診断に基づいて適切な治療計画をたてて実際の治療に移って行きます。

歯科用CTが有効な場合

すべての処置・診断に歯科用CT撮影が必要な訳ではありません。従来の方法で簡単に診断できる場合には必要がありません。逆に言うと従来の方法では診断が難しい場合などに歯科用CTの撮影、診断が有効になります。ここでは特に歯科用CTの撮影が有効な代表的な場合を紹介したいと思います。

インプラント治療

インプラント治療は、顎の骨の中にインプラント体(アバットメント)を埋め込む手術を必要とします。ですから当然、術前に顎の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を把握することが必要不可欠です。従来の2次元のレントゲンでは、顎の骨の状態のうちの高さのみしか診断することができません。診断が必要な骨の質や厚み形態などは診断できませんでした。CT撮影を行う事により、顎の内部構造(骨の高さ・厚みや神経、血管の位置)を立体的に確認することができ、より正確な診断が可能となりました。

林歯科医院では、2000年からインプラントの3次元シュミレーションソフトを導入して松阪中央総合病院の放射線科とタイアップして医科用CTでの撮影と診断を行ってきていました。(当時まだ歯科用CTが開発されてなかった)現在では歯科用CTを自院に導入してインプラントの手術の前にはすべての症例において歯科用CTによる診断および治療計画の作成を行っています。

はっきりいって、CT診断のないインプラント治療なんて考えられません。暗闇の中を手探りで歩いているみたいなものです。当院の基準では15年以上前の古い診断方法です。

親知らずなどの抜歯 

親知らずなどの顎に埋まっている歯を抜歯するときは、歯の根っこの位置や方向などを正確に確認する必要があります。特に大切なのは下の歯では下顎管といわれる神経との位置関係です。また上の歯では、上顎洞といわれる空洞との位置関係です。CT撮影することにより、親知らずの根っこと周囲の神経や血管との位置関係を容易に確認することができ安心安全に抜歯をすることができます。

埋まっている余分な歯の抜歯

最近のお子さんは、歯の数が足りなかったりあるいは逆に多かったりすることがよくあります。特に歯の数が多い場合その多くは埋伏過剰歯とよばれ、顎の骨の中に埋まったままになってしまい、永久歯が生えてくるのをじゃましたり、永久歯の生える位置をおかしくしたり、永久歯の根の成長を阻害したりと永久歯に悪い影響を与えることがよくあります。ですから埋まっている余分な歯は、多くの場合抜いてやる必要があります。抜歯の際に大切なのは、埋伏過剰歯の正確な位置と永久歯との位置関係です。従来の2次元のレントゲンでは、正確な診断が不可能でした。CT撮影を行う事により3次元的に過剰埋伏歯の位置や永久歯との位置関係が把握でき安心・安全に抜歯を行う事が出来るようになりました。

歯周病治療

歯周病は、歯周病菌の感染により歯肉に炎症を起こし、その結果歯を支えている骨が溶けていく病気です。松阪市の林歯科医院は、日本歯周病学会の歯周病専門医として歯周病の治療に積極的に取り組み、歯周再生療法などに定評があります。再生療法が必要なほど歯周病が進むと、再生療法の手術の前に骨がどのような溶け方をしているのか、現在どのような形態をしているかということを手術の前に把握しておくことは、再生療法を成功に導くためにも不可欠です。従来の2次元のレントゲンでは正確な骨の形態を診断することが難しく他の診断法とのコンビネーションによって想像するだけでした。CT撮影による診断では、歯槽骨(歯の周囲の骨)と歯や周囲の状態を正確に把握できるためとても有効な診断方法です。

顎の中や根の先の膿の広がり

CTは、歯だけでなく、顎の内部構造や上顎洞の形態、粘膜の状態、病巣の広がり、歯の根の先にある膿の広がりなどを立体画像で確認できるので、いままでわかりにくかったところも見落とすことなく、治療することができます。

歯科用CTに関するその他の質問