勤務医からのメッセージ(菊地先生)

林歯科に勤務して 

  私は、勤務先選びで人一倍苦労した気がしますが、林歯科に入所してようやく歯科医師として歩みを進められるようになりました。

経験的に歯科医師が勤務先を選ぶのに様々な要件があると思いますが、福利厚生、給与、院長の診療レベル、講習会参加の可否、経営力、将来の開業地と近い診療所環境かどうか、そしてそこで働いている人々で判断するとわかり易いと思います。

どんなに勉強になったとしても生活費が確保できない、勉強にはなるが人間関係が最悪で長くは勤務できない、仲が良くて楽しいが治療がいい加減で歯科医師としての未来が不安、院長に全く評価してもらえず見学だけの日々…

歯科医師過剰の時代、自分一人で生きていくのにこれでは話にならないと思います。時間は有限であり、そのような環境で歯科医師人生を無駄にする事はもったいないと思います。

私の最初に立てた目標設定として、

①   継承するかは別として実家歯科医院を経営として立て直せる力をつける

②   利益重視、失敗前提の治療でなく、どこに出しても恥ずかしくない長期保存に努める診療技術を身につける

⇒ これはモデルケースをみて直接学ぶしかないと思いました。つまり勤務先の歯科医院がモデルとなります。

③   自分に関係する周囲の人々(患者、スタッフ、家族)を幸せにする力と人間力を身につける

⇒ 多くの人に評価される必要があると思いました。勤務先の患者、スタッフが多い、プライベートになりますが見知らぬ土地でどれだけの多くの人と関わり、繋がりを増やし、貢献できるか林歯科は上記要件を満たす条件が全てそろっていると実感しています。

歯科医師としてだけでなく、人間としても誠実でまともな院長の元には、まともなスタッフが集まり、自己努力次第で評価、更に研鑽できる出来る環境が整っているという事を実践している数少ない歯科医院の一つと思います。

  今でもハッキリと覚えているのは、勤務初日に院長が、厚生年金と社会保険加入の手続きをしてくれた事です。そんなの当然では?とお思いかもしれませんが意外とすぐに加入させてくれない診療所も少なくないと思います。特に試用期間中など… 

 歯科医師として日々生計を立てるのは、他業種に比べて本当に費用がかかるものです。歯科医学書、講習会参加と遠征費… 勉強するにも遊ぶにしても最低限の給料がないと何も出来ません。どんなに有名診療所に勤めても、給料が全くもらえなかったり、仕事をさせてもらえなかったりでは全く意味がありません。林歯科では、院長と副院長の2重チェック体制で、自分の給料に見合うようにすぐに教育してもらえます。

 ある程度独り立ち出来るようになるとそれに合わせた患者配当があります。

患者さんだけで多く、スタッフも多いので、常に評価される環境にあります。

自分の患者さんをある時、院長が診たら、次から私でなく院長希望になったり、目の肥えたスタッフから菊地先は他の先生は他の先生と違う事をやってる…

これは結構キツいですが、良く捉えれば間違いなく自分の勉強になります。

 その後は、基本的にやる気のある人間には門戸は開かれます。例えばセミナーに参加する場合、休みの確保は当然、参加費の補助、そしてセミナーの課題に対しての相談会を開いて頂いたりと至れり尽くせりでした。院長、副院長はインプラント、矯正など、各有名セミナーに参加して日々研鑽されているので、スキルアップへの理解は深く、セミナーに参加しても勤務歯科医院に反映できないという事は絶対にありません。

また毎週水曜は勉強会があり、現在までに歯周外科、矯正、予防歯科などを学ばせて頂いてます。

これも初めは副院長が、技術だけでなく、私たち勤務医の給与のアップに繋がるようにと豚顎を使った歯周外科の実習会を開催して頂いたのが始まりでした。

厳しくも人間味溢れる暖かい環境の中で、歯科医師として自分の事だけに集中し、安心して生活が出来る事はとても幸せなことだと実感してます。

 どんなに勉強なっても、どんなに給料が良くても楽しくなければ継続出来なければ意味がありません。楽しい要因はやはり人と人の繋がりだと思います。 

即ち林歯科の最大のウリ、スタッフ間の仲が良い事だと思います。

回転率が高いこの業界ですが、林歯科では10年近く働いているスタッフが多いと言う事は、その環境の良さを物語っていると思います。去年度は、自宅で鍋パーティーや林歯科運動会、今年度もマラソン部発足など楽しいイベントを画策中です。また休暇はセミナーだけでなく純粋に遊び目的でも取得は可能です。最近の例で私事ですが、三重県代表としてアイスホッケーの国体予選会に参加のために2日間休みを頂きました。今までの経験から歯科医院としてある程度体力がないと気軽に休みは頂きにくいですが、スタッフも含め気軽に休暇を利用できる環境にあります。だからこそ普段のやる気に繋がるのでしょうか。

 日々研鑽して患者さんに全て還元して、結果患者さんに喜ばれる、スタッフに人間としてだけでなく歯科医師としても評価されるそんな充実した生活を送りませんか。長い歯科医師人生ですが、一年だって無駄には出来ません。

林歯科では努力すればした分だけ返ってくる環境が整っています。

私のつたない文章では伝わりづらいと思いますのでぜひ一度お気軽に見学しにいらしてください。ドクター、スタッフ一同お待ち申し上げております。

菊地先生からの動画メッセージはコチラをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

林歯科医院 勤務医 菊地先生からの動画メッセージ

林歯科医院 菊地 正高

歯科医師求人について

>>歯科医師募集についてはこちら<<

>>歯科医師募集要項はこちら<<