勤務医からのメッセージ(西浦美貴先生)

 

林歯科に勤務して(平成24年6月より平成26年9月まで在籍)

 私は卒業後、三重大学付属病院歯科口腔外科に勤務して口腔外科医として病院歯科に携わって来ました。三重大学は研究機関であると同時に教育機関でもあるため学校の延長に近い雰囲気もあり、また同じ道の仲間も多かったので、厳しくもとても居心地が良い環境でもありました。そんな日々の中、ある時、教授にそろそろ次のステップに進むようにと言われ、募集している診療所をさがしたところ、見つけたのが今の林歯科医院でした。これまで病院歯科しか知らなかった私は、地域密着型の一般歯科に触れる事はとても新鮮であり、今までの病院歯科で学んできたものとは180°考え方自体が違うものでした。卒業後は、口腔外科ばかりだったこともあり、形成一つ、根管治療一つにしても、今まで何をやって来たのだろうと落ち込む事もありました。

 長い間三重大学という慣れ親しんだ環境と仲間からわざわざ離れて、全く知らない一般歯科診療所に行く事に最初はとても不安と抵抗がありました。また歯科診療所は女性の職場なので、一般的に女性DRは中々馴染みにくかったりするという話を聞いていたので勤務前は不安で一杯でした。

勤務して何も出来ない私を歓迎してくれ、厳しくも暖かい指導と優しいスタッフにサポートされる環境のもと安心して頑張る事が出来ました。副院長も「何か困っていない?」といつも気にかけてくれて、仕事のこともプライベートも相談させてもらっています。人に必要とされるという事はそれだけで一生懸命、何とか少しでも期待に応えたいと思えるようになりました。

 私は、何か勉強したいとか、将来どうしたいとか、具体的な目標はなく今まで何となく日々を過ごしてきました。それでも林歯科式のDRカリキュラムのおかげでステップアップをする事ができた実感があります。

林歯科に勤務して早2年になりますが、働く上で何が大事かわかってきました。

それは‘楽しさ’です。歯科医師として、一人の人間として、楽しさを見出せるかどうか。林歯科ではDRカリキュラムの下、着実なステップアップが可能ですし、過去の勤務医の先生達の実績からも証明されています。目に見える実感があるとますますやる気も出ますし、それが100%患者さんに還元されて、感謝される。歯科医師としてとても幸せと感じます。また林歯科は他院に比べスタッフ人数がとても多く、年代が近い事もありとても仲良しです。みんな仕事ができるだけでなく、人柄もよく、尊敬できる人たちばかりです。そんなスタッフ達と一緒だからこそ、大変な診療の日々も楽しく、充実した日々を送れています。自分を認めてくれるから楽しいし、楽しいから頑張れる。バイトで色々な歯科診療所を見てきましたが、林歯科のスタッフが一緒だから楽しい。だけど、それは院長、副院長が選んだ人達だから。

楽しいということは実際は凄く大変で、それは診療所としての実力がないと楽しめないと思います。

例えば患者さんがいない、給料が全く貰えない、手抜きの診療をする。そんな診療所で働いても楽しくないと思います。林歯科は、大変ですが患者さんは多い、家族受けさせたいくらいの真面目な診療、そして院内旅行。しかも、前年度はバリに連れて行ってもらって、最高級のホテルにみんなで泊まらせてもらいました。

結局は良いスタッフも、楽しい毎日も全部、院長、副院長が頑張っているから。

そんな環境だから私も頑張れる。とても素敵な循環です。互いが互いを尊敬し合える環境で働ける私はとても幸せです。将来の事はまだわからないですが、ここで学んでいる経験は必ず私の糧になっているはずです。

 今勤務先を検討されている先生は一度ぜひ見学にいらして下さい。私がそうであったように必ず充実した生活が送れるはずです。

西浦先生からの動画メッセージはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

林歯科医院 勤務医 西浦先生からの動画メッセージ

林歯科医院 西浦 美貴

歯科医師求人について

>>歯科医師募集についてはこちら<<

>>歯科医師募集要項はこちら<<